認知症治療の方法とは

認知症にかかってしまうと、もう元通りの生活には戻れない。
介護をしている人は、そのように思っている人も多いでしょう。

 

たしかに認知症を完全に治療する方法はまだありません。
しかし、適切な治療を行うことで進行速度を遅くしたり、出ている症状を緩和させることはできるのです。

 

今回はそんな認知症の治療法を見ていきましょう

 

■薬物治療
認知症の治療に行われている方法の1つが薬物治療です。
認知症の進行速度を遅くしたり、脳機能の低下を緩和させることができます。

 

徘徊など思い認知症の症状には、重い抗精神病薬を使用する場合もあります。
精神科の先生と協力して、治療にあたる場合もあるのです。

 

■リハビリステーションによる治療
認知症専門のリハビリステーションでは、患者の脳に様々な刺激を与えて、症状を緩和させようとします。
その人にあった認知症治療を行います。

 

簡単な計算や文字の写し書きや音読をする場合もありますし、昔の思い出を医師が聞く場合もあります。
音楽や美術を行ってみると、脳へ快適な刺激が与えられるので、リハビリステーション治療でも取り入れられています。

 

■家族のケアー
治療とは呼べませんが、家族のケアーも大切な要素です。
認知症を起こしてしまう人は、つい叱ってしまいそうになりますが、本人の気持ちも不安定になり、症状が悪化すう場合もあります。
家族が認知症の症状を理解し、本人の負担を考えることが重要になるのです。
これが認知症で一番大切な要素になります。