認知症サプリメント@おすすめランキング・予防方法

高齢化社会から高齢社会へと突入した日本では、毎日を元気に過ごすお年寄りが街をにぎわしています。
しかし、実際には高齢者の多くが余生の10年ほどは何かしらの介護を受けながら生活しているというのも事実。

 

長い人生を最後まで楽しく過ごすには、少しでもめぐりをよくしてスッキリした頭で考えられるようにしておきたいものです。
そのためにサプリメントができるのは、食事では摂り切れない栄養成分を効率よく摂取すること。

 

近頃忘れっぽくなった、なるべく自分の力で生活したい、考えることを大切にしたいという方におすすめのサプリメントをランキング形式で見てみませんか?

 

きなり

きなりは、青魚に多く含まれる必須脂肪酸のDHAとEPAを主成分としたサプリメントです。

 

厚生労働省も摂取を推奨している1日の目安量1,000mgに対して、半分の500mgをサプリメントで摂れるのは便利。
DHAとEPAの品質を新鮮に保つために、抗酸化作用の強いアスタキサンチンを豊富に含んだクリルオイルを配合しているのがポイントです。

 

南極の海に生息するオキアミからとれるクリルオイルは、若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEの1,000倍以上の抗酸化力を持つほど優れています。
ネバネバ成分に体のめぐりをよくするパワーがあるという納豆からとれるナットウキナーゼも配合されて、実感力で評判のサプリメントに仕上がっています。

 

▼きなりの公式サイトはこちら▼

きなり

 

 

健康家族 イチョウリーフ

古代から生き永らえてきたイチョウは、その葉に抗酸化作用のポリフェノールを何十種類も備えていることが長生きの秘訣ではないかと考えられています。
そんなイチョウ葉の力は、世界中の医学でも利用されてきました。

 

イチョウ葉にしか含まれないポリフェノールも含め、豊富なポリフェノール成分が人の体のめぐりも助けてくれるのは、昔から人類が植物の力を借りて生きてきたことを思わされます。
近年注目されている必須脂肪酸は、頭の冴えにも関係する成分。

 

健康家族 イチョウリーフには、イチョウ葉の他にもDHA、シソ油、アマニ油などの必須脂肪酸を含む成分、これらの脂肪酸を酸化させない力を持つビタミンEが配合されています。
ヒラメキ力が低下してきたと悩んでいる方には、もってこいのサプリメントです。

 

椰子油のちから

認知症に効力を発揮すると、医師も認めているほどの話題となっているココナッツオイル。

美肌やダイエットだけでなく、認知症にもいいとニュースでも取り上げられ、お味噌汁や飲み物に入れて飲むなど幅広い世代に利用が広がり始めています。
そんなココナッツオイルを飲みやすいサプリメントにしたのが、椰子油の力。

 

これまでココナッツオイルのサプリメントは海外製に頼っていましたが、椰子油の力は国産初のココナッツオイルサプリメントとして登場しました。
ココナッツオイルは、高温で保存しないとすぐに固まってしまうのがネック。

 

その点、サプリメントの椰子油の力なら、硬くなったオイルを容器から取り出すのに苦労することはありません。
ココナッツオイルそのままをスティック状の容器に入れたタイプもあり、外出時の持ち歩きにも便利です。


認知症はどんな症状が出るのか

認知症の症状は知っているようで知らない人も多いでしょう。
認知症の症状は記憶障害を中心とした中核症状。

 

中核症状に本人の気質や性格、周りの環境の変化などを加えて起こる周辺症状があります。

 

中核症状

認知症の中核症状は、脳の中にある神経細胞の破壊によって起こります。
認知症の代表となる記憶障害では、さっき食べたご飯の内容を忘れてしまうこともあります。

 

その一方で、子ども時代の思い出は鮮明に覚えているでしょう。

 

こういった記憶障害に代表されるのが中核症状になります。

 

症状の進行とともに、それらの記憶も失われてしまいます。
記憶だけでなく、脳神経細胞の破壊によって、判断力の低下や時間の把握、自分が誰であるのかも分からなくなってしまいます。

 

周辺症状

周辺症状は、中核症状以外に起こる周辺の変化です。
こう言うと難しいかもしれませんが、自分に対する妄想を言ってきたり、幻覚を見たり、介護してくれる人に暴力をふるったりする周辺の変化が見られます。

 

同時に鬱病や不安感を発したりする精神的な問題も表れます。
突然不安になって泣き出してしまうなど感情障害が起こってしまう認知症の周辺症状も珍しくないのです。

 

周辺症状は、認知症を発症している人だけでなく、周りの人間関係や生活環境も大きく影響してきます。
そのため、周辺症状の内容は発症している人によって異なります。
同じ人の周辺症状であっても、接する人や日時によっても大きく変わるのも特徴です。
参考にしたサイト⇒認知症の対策サプリ


認知症を予防するには

記憶力や判断力が低下して、最終的に自分だ誰なのかも分からなくなってしまう認知症。
できるなら、事前に防ぎたいものです。

 

現時点では『こうすれば100パーセント認知症を予防できる方法』はまだありません。
しかし、どうすれば認知症になりにくいか。
最近の認知症の研究で、それが少しずつわかってきたのです。
今回はそんな認知症になりにくい方法を紹介します。

 

生活習慣の改善

認知症のほとんどはアルツハイマー型認知症を占めています。
アルツハイマー型の発症には、生活習慣が大きな要因を占めています。

 

脳をよい状態に保つためには、食事や運動に気を使うようにしましょう。
野菜や果物をよく食べ、ビタミンやミネラルをバランスよく体内に取り入れるようにし、有酸素運動の習慣も趣味に持ちたいですね。
また、認知機能を重点的に使うために、対人接触をより多くして、脳を活性化させることも重要になります。

 

生活の中で実践してみる事

認知症になる前段階として脳機能を集中的に鍛えることが課題になります。
認知症の病気の前段階で最初に低下する機能は『エピソード記憶・注意分割機能・計画性』です。

 

これらを生活の中で意識して取り組むようにしましょう。
日記をつけたり、人と話したり、頭を使ったゲームをしたりするのが効果的です。

 

体験したことを思い出したり、新しいことをするときの段取りを考えて行動するようにしましょう。
脳を快適に使うことが認知症の予防に繋がるのです。


更新履歴